千葉市花見川区の藤森小児科で。予防接種、乳幼児健診、アレルギー疾患などに経験豊かな専門医が対応します。

サイトマップ リンク集
ごあいさつ・医師紹介 院内紹介 初診のご案内 インターネット受付 院長のメッセージ アクセス

小児科・一般診療
インフルエンザ
おたふく風邪
風疹
はしか
マイコプラズマ肺炎
溶連菌感染症
とびひ・みずいぼ
胃腸炎(ノロウィルス、ロタウィルス)

アレルギー科
さまざまなアレルギー検査
気管支喘息
アトピー性皮膚炎
食物アレルギー
食物経口負荷試験の流れ

乳幼児健診
生後1ヶ月から3歳児健診まで

栄養指導
栄養指導

各種予防接種
各種予防接種
子宮頸がんワクチン

育児相談
栄養士とのマンツーマン相談

その他
各種料金

地図詳細へ
住 所 〒262-0043
千葉市花見川区天戸町1499-4
電 話 043-259-6405
診療科 小児科、アレルギー科
体 制 日本小児科学会専門医1名
日本アレルギー学会専門医1名
日本感染症学会専門医 1名
院 長 藤森 宗徳
副院長 藤森 誠
アクセス 京成電鉄:
八千代台下車
京成バス:
花見川交番バス停徒歩2分

さまざまなアレルギー

問診、保護者のメモ

食物摂取とそれに関連するアレルギー発症についての情報を詳しく聴取します。
基本的な事ですがこれが最も重要です。
摂取した食物、種類、量、調理法(食品の形態)、摂取した際の体調、時間帯、出現した症状とその時間などが重要となります。
購入したものでアレルギー症状が出現したと疑われるときには、摂取食品のパッケージなどもお持ちいただくと助かります。



プリックテスト

食物アレルギーが疑われた際には、皮膚にひっかき傷(痛くありません)を作り、疑われるアレルギーのエッセンスをたらして反応を見るプリックテストが行えます。ただし乳児では、プリックテストが陰性でも摂取した際に症状が出ることがあります。

血液検査 特異的IgE検査

食物アレルギー、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などが疑われた際には、いろいろなアレルギー抗原に対する血液検査を行います。
血液検査はあくまで参考の値であり、症状などと総合的に評価します。



食物経口負荷試験

食物アレルギーに関しては、原因となる食物を摂取し、症状が出現しないかどうかをみるのが最も確実な検査となります。ただし、症状が出現する可能性も否定できないので、リスクについて十分理解いただいた上で実施する形となります。
食物経口負荷試験には、
①その食物に対してアレルギーがあるかどうか判断する目的
②アレルギーで除去していた食物が、摂取できるようになったかどうか確認する目的
以上の2点の目的があります。当院では基本的にリスクの少ない症例をセレクトして実施するようにしています。症状が出現するリスクが高い患児さんは、基幹病院に紹介させていただきます。

Copyright(c) 千葉市の小児科 藤森小児科 All rights reserved. produced by FARO